【プロが教えたくない】室内で育てやすい大小観葉植物ランキング



「すみませ~ん!!枯れない観葉植物ってありますか?
室内で育てやすいのがいいんです。」

 

ほんとにねぇ、困るんですよお客さん(´-`;)トホホ

 

なぜって?ボク花屋なんでね“枯れて”
もらわないと商売上がったりなんですよ(泣)

 

と、面と向かって日頃お客さんに言いたい
僕の内心なんですが、これは僕のお店で
よくある光景でみなさんなるべく初心者でも
簡単に室内で育てやすい観葉植物を求めて
いるんですよね。

 

まぁ僕も自分がお客だったら同じこと
聞いちゃいますけどね(笑)

 

今回は、そんなお客さんのために本当は
教えたくないんですけど、花屋のプロである
僕が「室内で育てやすい大きいのから
小さい観葉植物のランキング」
こっそり教えようと思います。

 

第1位 ポトス

2015-12-17_010534

“室内で育てやすい”ということは裏を返せば
そんなに手を掛けなくても置いておくだけで
枯れずに丈夫に育ってくれる植物を望んで
いるのではないでしょうか?

 

そのような条件にあう観葉植物が乾燥にも
強い反面、つるを水に挿しておくだけで
根を出すほど繁殖力が強く丈夫なのは
ポトスです。

 

つるが伸びるため成長も楽しめますし、
グリーンの葉にイエローの模様が入るので
色彩的にも明るく部屋に飾ったときに
清潔感が感じられますね。

 

私の友人で何回観葉植物をプレゼントを
しても枯らす奴がいるんですが、唯一
ポトスだけは1年以上順調に育てられて
います。サイズもミニサイズから大型まであります。

 

第2位 モンステラ

2015-12-17_010835

部屋に飾る以上、ある程度オシャレな感じの
観葉植物を飾りたいですよね。

 

でも、葉の質感がベルベット状のアロカシア
や赤い花のようなものが咲くアンスリューム
などはオシャレなんだけど育てるのが難しい
です。

 

そんなインテリアとして形になる観葉植物で
寒さや日陰に強くわりと放ったらかしで
育てやすいのがモンステラです。

 

葉に切れ込みがあってエキゾチックで
南国の雰囲気が感じられます。

 

サイズはヒメモンステラという小さい品種から
中サイズのアダンソニー、大サイズの
デリシオサまであり、プラスサイズが大きくなる
につれて樹形が変化するため個性的な形の
一鉢を求めている人にはピッタリです。



第3位 セロウム

2015-12-17_011014

正式にはフィロデンドロン・セロウムという
サトイモ科の観葉植物でアマゾンや沖縄
など熱帯のマングローブ地帯を思い起こさせる
特徴的な根と幹、手のひらのような葉っぱ
を持っています。

 

セロウムが育てやすい点は日陰、寒さ、乾燥
の3点に強く、忙しい毎日を送る人にはあまり
手を掛けなくても育ってくれるうれしい奴です。

 

東京では屋外でも越冬するくらい丈夫ですよ!
幹から気根という自分の体を支えるための
根をうじゃうじゃと出す様がカッコいいですね。

 

サイズはテーブルに飾れる小さいサイズから
部屋の半分くらいの場所を取る大型サイズ
まであります。

 

第4位 シェフレラ

2015-12-17_011055

一昔前までは“ホンコンカポック”という名前
で知られていました。ずっとカポックと呼ばれ
てきたんですが、実は別の植物だということが
わかって最近は「シェフレラ」で流通しています。

 

シェフレラは原産地が中国・台湾なので
日本の気候にも合うことから屋外で地植え
で越冬できるほど寒さに強く、さらに日陰
や乾燥にも強いためズボラな人には最適ですね!

 

品種も色々あって葉が丸みを帯びた“ホンコン”
から白や黄色の模様が入ったもの、葉が細く
スタイリッシュな“コンパクタ”などお部屋の雰囲気
に合わせて選べます。

 

サイズもテーブルサイズから大鉢まであります。

 

ただ、少し残念なのが昔からある古い印象の
観葉植物なのと葉をちぎると臭い点です。

 

第5位 ユッカ

2015-12-17_011233

雨にも負けず風にも負けず雪にも負けない
マイナス3℃まで耐えてしまう超丈夫で
育てやすい観葉植物といったら私は間違いなく
これを第1位にあげます。

 

たとえあなたが一ヶ月に1回しか自宅に帰って
これない超多忙人であっても、メキシコの
乾燥地帯がふるさとですから水をやりを
忘れたってそうそう簡単には枯れてくれません。
もちろん日陰にも耐えます。

 

でもね、最大のマイナスポイントは
葉が尖っていて当たると痛い、
幹の成長は遅く、インテリアとして見てて
つまらないんですよね。

 

いかがでしたでしょうか。
観葉植物には姿・形など同じ種類であっても
一鉢一鉢、個性があります。
一期一会の世界ですね。

 

あなたがコレだ!!と思ったものをぜひ
探してみて下さいね。

ガーデニング・観葉植物を楽しむならココがおすすめ♪



このページの先頭へ