【卒業式と卒園式】花束・花一輪の種類と値段と注文方法を伝授

P1010524


スポンサーリンク

3月になると、保育園・幼稚園の卒園式、小学校・中学校・高校・大学・大学院など全国各地で卒業式が行われます。

私たち花屋さんも卒園・卒業シーズンはとても忙しいです。

そこで、今回は卒園式・卒業式間近になって慌てないためにも花担当に選ばれてしまった人、

または個人的に卒園、卒業されるお友達や先輩に花をプレゼントしたい人のために現役花屋である私が花束・花一輪を送りたい場合の種類と値段から注文方法までを詳しく解説します。

花一輪の種類と値段

2016-02-23_012537

花一輪の花束のことを私たち花屋では「一本巻き」と呼んでいます。1輪の花をセロハンで巻いて軽くリボンをつける商品です。

注意点として花自体は1本150円でもセロハンやリボンをつけるとラッピング代として別途かかるお店もあるので、必ず最初に「ラッピング込みでいくらなのか?」を聞いておきましょう。

では具体的にどんな花の種類が使われているのかというとお客さんの予算と定番商品として以下の3種類になります。

ガーベラ 1本150円~300円

P1000545

ガーベラは色の種類が多く花形が丸いのでかわいい印象があり、またたくさんある花の種類の中で1輪でもプレゼントとしてカタチになる、最も値段が安い花のため昔から定番の花として使われています。

おそらく幼稚園~高校まで、父母会などの予算の中で出せる金額は100円~300円くらいだと思いますので一番最適な花になります。

ガーベラは通常100円~200円くらで販売されているのですが卒業シーズンに限って仕入れ値が100円以上に跳ね上がっているため、この時期は最低でも150円以上はするはずです。

100円~150円で変わらず販売してる花屋さんは相当身を切って頑張っています。

スイトピー1本100円~200円

IMG_0672

春の花で安くで販売できる花の種類は限られています。スイトピーもピンクを中心に花一輪のプレゼントで使われます。

値段も通常1本100円で高くても200円くらいが相場です。仕入れの単位もスイトピーは50~100本単位と決まっているので花屋さんにも多くの在庫があります。

しかし、花は1本に3~4輪くらいついているのですが、ガーベラと比べると見た目が少しさみしい印象を受けると思います。

ですが、ひらひらとした花びらと紅茶のよな甘い香りが私個人としては卒園、卒業式のプレゼントとしておすすめしたいです。

チューリップ1本200円~300円

IMG_0728

花の市場に行くと沢山の種類のチューリップがあります。

皆さんが花屋さんで見る有名どこで花一輪のプレゼントに使われる品種にはピンク「クリスマスドリーム」「ダイナスティ」「ピンクダイヤモンド」黄色「ストロングゴールド」などがあります。

咲いた咲いた♪と歌にもあるようにチューリップは子供から大人まで知っているメジャーな花なので卒園・卒業シーズンにはもらう側もたいへん喜ばれます。

しかし、値段はガーベラ、スイトピーと違って最低200円以上はします。私は十数年花屋をやっていますがチューリップを100円で販売している花屋さんには会ったことがありません。

番外編

バラ1本350円~500円

IMG_0788

バラの花一輪のプレゼントは卒園・卒業シーズンに限らず定番商品ですが、唯一の欠点としては1本あたりの値段が高いこと。

「バラ=高級花」という商品イメージがお客さん側にあるので花屋さんもあまり安く売る必要がありません。

デンファレ1本150円~200円

IMG_0826

南国リゾートや高級レストランのお料理の飾りに使用されたりしている花にデンファレという花があります。

ランの一種なのですが、主にシンガポールなどで生産されており、母の日とお正月を除いて1本150~200円くらいと比較的値段が安い花として流通しています。

品種は「アンナ」「アンナブライト」「ソニア」「ルーシーピンク」などがメジャーですが夏の花のイメージなので卒園式・卒業式に花一輪のプレゼントには使われません。

スポンサーリンク

卒園式・卒業式に贈る花束の種類と予算

ちょっとしたプレゼント 予算500円~1000円

IMG_0283

家族やお友達、中学・高校・大学の部活・サークルなどの先輩などに感謝の気持ちを込めたちょっとしたプレゼントとして花束を贈りたい場合は500円~1000円くらいあれば足ります。

内容は500円であれば手のひらサイズのミニブーケ、1000円くらいであれば少し長さのある花束も作れます。使用できる花の種類はガーベラ、スイトピー、チューリップがメインになるでしょう。

先生や先輩にプレゼントする 予算3000円

IMG_4334

ひとつ花屋さんに花を注文する際に覚えておくと良いことは花屋業界では、3000円がギフト用花束として標準的な値段として認識されています。

決して3000円未満がふさわしくないということではなく、あくまで感覚的に先生など目上の人や御祝いとして贈答する場合であれば3000円が標準ですよという花屋の慣習的な考え方なので気にする必要はありません。

花束は気持ちの表れですからむしろそちらの方が重要です。

使用できる花の種類はガーベラ、スイトピー、チューリップ、バラ、トルコキキョウ、アルストロメリアなど使用可能な種類が増えます。春らしい色合いでおまかせしても良いでしょう。

先生や先輩にプレゼントする予算5000円

2016-02-23_185857

5000円クラスになると、バラやユリなど高級花をメインに使うことが出来ます。

それにガーベラ、スイトピー、チューリップをプラスするといった感じですね。

予算3000円と比べると使用できる花の種類と量を増やすことができます。

予算がある場合や他と区別をつけたい場合におすすめします。

ただ、都会の一流花屋さんでは5000円でも街の花屋さんの3000円くらいの大きさ、量だったりするので事前にどのくらいのサイズになるか確認しておきましょう。

スポンサーリンク

花一輪・花束の注文方法

注文・予約は遅くても3日前までに

IMG_0660

卒業式当日に花屋さんに行っても事前に予約した人の分しか花がなかったり、花束などの制作に時間がかかるため当日注文を受け付けてくれない花屋さんがあります。

仮に当日受けてくれも花束が出来るまでにものすごく時間がかかります。通常花束制作にかかる時間は15分くらいです。

しかし、注文するのはあなただけではないので30分~1時間くらい待つこともあるでしょう。

ちなみに花一輪ならすぐできるだろうと思われるかもしれませんが、本当に1本だけなら直ぐできますが10本20本と注文されると当然お渡しするまでに時間がかかってしまいます。

ですので、遅くても卒園式・卒業式3日前までに必ず事前に予約をして下さい。早ければ早いほどいいです。

受け取りの時間指定をして事前予約しておけばスムーズに受け取ることができます。

月水金が切花の仕入れ日

IMG_0655

事前に必要な花束の数が分かっている場合はなるべく早めに注文することをおすすめします。

そしてなぜ遅くても卒園式・卒業式の3日前までなのか?というと、花束などに使う切花の仕入れの市場の曜日が月(水)金と決まっているからです。

つまり、日曜日に卒園・卒業式がある場合は遅くても木曜日までに注文する必要があります。

仕入れの日は月水金なので例えば金曜日でも良いのでは?と思われるかもしれませんが、仕入れの時間は午前3時(セリは午前7時)~なので午前9時以降の営業時間に注文を受けても遅いということになります。

なので遅くても卒業式・卒園式当日を除いてさかのぼって3日前までに注文して下さい。

卒園・卒業式当日より前に確認の電話をする

2016-02-23_192547

ちゃんと注文を受けているか卒園式・卒業式前に花屋さんに電話で確認しておくことをおすすめします。

やはり、花屋さんの中にはうっかり注文を受けたことを忘れていたり、他の注文とごちゃごちゃになって管理していることも有り得るので防御策として事前に電話確認しておくことをおすすめします。

なぜ花屋の私がこのようなことを言うのかというと、私が修行していた花屋で実際に忘れた人がいたからです。

たいていの花屋さんでは電話や来店で注文を受けたときにすぐ予約ノートなどに転記するのですが、ヒューマンエラーは起こらないとは言えないのでならばお客さんの側から念押ししておけば最悪のケースを防ぐことができます。

いかがでしたでしょうか。卒園式・卒業式に御祝いや感謝の意を込めてお花を贈る人も多いと思います。

今回、ご紹介した内容は現役花屋を経営している私が実際に経験している生の情報ですですのでぜひ参考にして頂ければと思います。

 この記事と一緒によく読まれる記事はこちら 

卒業式・卒園式の花の鉢植え!装飾やプレゼントの種類と育て方

スポンサーリンク


家庭菜園 最新情報

2016-11-15_224744 ポインセチアの育て方★
葉が落ちる・しおれる・枯れる原因
018 【水栽培ヒヤシンスの育て方】
花が咲かない・球根が腐る理由
flowers-13503_640 ヒヤシンスの球根の保存方法と
二年目以降もきれいに咲かせる方法
2015-08-01_004226 簡単!初心者のためのゼロから
わかる【ウンベラータの育て方】
2016-11-12_215111 チューリップを初心者が鉢植え
植えっぱなしで咲かせられる育て方
2015-12-21_190115 【緊急】シクラメンの茎がふに
ゃふにゃしたり倒れる原因はなに?
簡単!【水挿しでできるポトスの増やし方】茎を切る場所はどこ? 簡単!【水挿しでできるポトスの
増やし方】茎を切る場所はどこ?
violet-199059_640 ビオラの水やりの頻度は冬は
毎日
あげる?正しい水やりの方法とは
2015-08-29_010418 初心者必見!サンセベリアの
植え替え時期と水やりのコツとは?
2015-04-08_010308 ベランダ菜園のミニトマト栽培で
初心者によくある失敗とはなに?
2015-05-24_225608 キッチンのプランターで収穫
できる
イタリアンパセリの育て方
2015-04-13_031338 【ミントの基本的な育て方】初心者
がベランダで土を使う栽培方法
2015-04-17_003423 【根が出ない!】あなたが
ローズマリーの挿し木に失敗する理由
2015-05-03_024142 【パクチーの育て方】ベランダ
プランター菜園での簡単な栽培方法

パンジー・ビオラ特集!

2016-11-11_235916 パンジーやビオラと相性のいい
冬から春の寄せ植え植物の育て方
2015-03-11_203509 冬の時期にパンジーの肥料不足
と肥料切れをチェックする方法
2015-03-11_000120 パンジーについたアブラムシを
効果的に駆除できる3つの方法
2015-03-11_000026 鉢植えのパンジーの葉が白くな
るうどんこ病の発生原因と治療方法
2016-11-12_142833 パンジーを切り戻しても花のつ
ぼみが咲かない理由はどうして?
fotolia_118006500_subscription_monthly_m パンジーを花壇やプランター
栽培できれいに見せる配色パターン
2016-11-12_142133 パンジーを育てる時プランター
と花壇では植え方の間隔は違うの?
2016-11-12_141754 ビオラの水やりの頻度は冬は
毎日あげる?正しいビオラの育て方
023 【失敗した原因はなに!?】
ビオラの正しい切り戻しの位置と方法
2016-11-12_142854 ビオラの花が咲かないまたは花
が小さい、少ないなどの原因その1
2016-11-12_004002 ビオラの花が咲かないまたは花
が小さい、少ないなどの原因その2

当サイト注目記事

2015-05-16_040527 入院お見舞いの品にふさわしい
花の種類や色、金額はいくら位?
2015-04-08_193611 スペアミントを使った美味しい
カクテル【モヒートの作り方】
ローテローゼ 【花言葉で選ぶ】結婚記念日に
贈りたい色の素敵な花の種類は?
radishes-74313_640 初心者がラディッシュを栽培する
ときのプロが教える種まきのコツ
2015-04-17_003037 【料理にお茶に!】おすすめ
ハーブ、ローズマリーの使い方
2015-05-18_010750 初心者でも簡単にトイレで育て
られるおすすめ観葉植物の種類
2015-04-24_015123 【彼氏必見!】彼女の誕生日
プレゼントに花を贈るためのトリセツ

春に育てたい!初心者におすすめの野菜

potatoes-501134_640 初心者が簡単にジャガイモを
プランター菜園で春秋栽培できる方法
strawberries-58195_640 プランターを使った美味しい
いちごの誰でも出来る簡単な育て方
kitaakari 【簡単!家庭菜園】春にプランタ
ーで栽培できるジャガイモの種類
【ミントの基本的な育て方】初心者がベランダで土を使う栽培方法 【ミントの基本的な育て方】初心者
がベランダで土を使う栽培方法
パセリを栽培するときに初心者が気を付けるべき3つのポイント パセリを栽培するときに初心者が
気を付けるべき3つのポイント
2015-04-02_012711 リーフレタスを初心者が室内で
かんたんに育てる3つの方法
2015-04-01_023754 【簡単!家庭菜園】初心者でも
栽培できるおすすめ小松菜の品種

今から準備!おいしいイチゴの育て方特集

プランターを使った美味しいいちごの誰でも出来る簡単な育て方 プランターを使った美味しい
いちごの誰でも出来る簡単な育て方
2015-04-30_001234 栽培しているいちごが甘くないの
はなぜ?甘くする秘密の方法とは
strawberries-272812_640 イチゴ苗のプランターでの正しい
植え付けの向きと時期はいつ?
2015-03-28_015610 イチゴを長く収穫するニンニクの
コンパニオンプランツ活用方法
berry-197078_640 プランター菜園で栽培している
イチゴの実が大きくならない理由

コメントを残す

このページの先頭へ