土のリサイクル!プランター家庭菜園やガーデニングでの処分方法

2016-11-14_195026


スポンサーリンク


ベランダ菜園やガーデニングなどプランターで使った土をリサイクル(再生・再利用)したいケースと、もう古土で使いたくないからゴミとして処分してもらいたいケースの2通りがあると思います。

家庭菜園やガーデニングを推進している行政やお店などはたくさんありますが、いざ土をリサイクルしたかったり処分したい場合は意外と困ることが多いです。

土をリサイクルしたい場合は結構、めんどくさかったり、捨てたい場合、土はゴミとして回収してくれないのが一般的でむしろ回収してくれる地域の方が少ないです。

どうせなら豊洲の盛り土に使ってほしいくらいですが(笑)

今回は1回使った家庭菜園やガーデニング・園芸の古土をリサイクルする方法と処分・回収してもらう方法の2つについて詳しくご紹介したいと思います。

土をリサイクル(再生して再利用)する方法

まず土をリサイクルしたい場合、2つの方法があります。

太陽熱による古土の殺菌消毒

2016-11-14_192337

まずは自宅で簡単に再生させる方法として太陽熱による土の殺菌消毒法があります。

家庭菜園など野菜を育てた土や半年以上寄せ植えなどガーデニングに使用した土は追肥をしていない限り栄養分も減り、固くなって栽培するには適さない構造になってしまいます。

そうした土をそのまま使用してしまうと野菜や花が病気にかかりやすくなったり生育不良になります。

そのため1年使った培養土は次に使う前に殺菌消毒し病原菌を死滅させる必要があるのです。

用意するもの

  • ビニールシート(なければ数枚ゴミ袋を切って使う)
  • 透明のゴミ袋(黒よりも熱を上昇させやすいため)
  • ふるい(より効果をあげたい場合)
  • ジョーロ
  • 米ぬかまたは油粕(より効果を上げたい場合)
  • シャベル

まず、ビニールシートを敷き古土を広げます。植物が植わっている場合は根や軽石など鉢底石も含めゴミをざっと取り除いて下さい。ふるいを使うとゴミやゴロ土を取り除いたよりキレイな土が得られます。

次にその土に米ぬかもしくは油かす(園芸コーナーに置いてある固形ではなく粉状のもの)を5~10%混ぜて下さい。

全体にジョーロで水をかけよくかき混ぜましょう。(熱湯をかけても良いです)

全体の土が湿ったら透明のゴミ袋に土を詰め袋を閉めます。

地熱が上がるコンクリートの上など日光のよく当たる場所に置き、2~3週間に1回くらい袋の上下をひっくり返します。

約2か月(真夏は1週間程で2日に1回ひっくり返す)ほどで消毒完了です。

再利用するために太陽熱消毒後にやるべき作業

消毒した土をそのまま使うのは良くありません。もうひと手間かける必要があります。

現在、消毒した再生土は病害虫の多くは死滅しましたが土質が悪くなっているため花や野菜を育てるのに適していません。

通気性や水はけを良くするために土の構造を変える必要があります。これらをして初めて再利用できます。

再利用するため必要な作業(どれか1つでOKです)

  • 再生土に新しい培養土を1対1の割合で混ぜ、化成肥料と苦土石灰を1リットル当たり1~3g加える。
  • 再生土5:赤玉2:腐葉土(完熟たい肥でも可)3+燻炭(少々。なくても良い)を配合。
  • 市販の土壌改良剤・リサイクル材を再生土4対リサイクル材1の割合で配合。

スポンサーリンク

市販の土壌改良剤・リサイクル材を使用する方法

2016-11-14_192544

花ごころから販売されている「ふっかふかによみがえる古い土のリサイクル材」などを利用することで、簡単に古土をリサイクルすることができます。

鉢内に植わっている古い株や根を取り除き、そのままリサイクル材を入れるだけで完了します。

2016-11-13_230427

2016-11-13_230413

しかし、公式ホームページにも書かれていますが、私が上記で説明したように太陽熱消毒をしてからリサイクル材を配合して利用した方が良いです。

なぜかというと、リサイクル材には病原菌を殺菌消毒する効果はないため根本的な土壌改良にはならないからです。

花を育てる場合は即席でも良いですが野菜などの味を含めた出来不出来は土が重要なので、ぜひひと手間かけてリサイクルしてから植え替え用等に使いましょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花ごころ ふっかふかによみがえる古い土のリサイクル材10L
価格:943円(税込、送料別) (2016/11/14時点)

 

古土は完全にリサイクル出来ないこともある

2016-11-14_192455

やはり、連作障害など同じ科の野菜を繰り返し同じ土で栽培すると生育不良になります。

畑の場合は翌年は違う科の野菜を育てたり、違う場所の土と入れ替えたりすることにより防ぐことができますが同じプランターで使った古土を何度もリサイクルする場合、やはり病原菌が残ってしまったり花と野菜を栽培するのに適した土の構造(団粒構造)にうまく戻すことが出来ないケースもあります。

花の場合はそれほど気にする必要はありませんが、野菜など今年はどうしても成功させたい!という時は新しい培養土を使用することをおすすめします。

スポンサーリンク

古土を捨てたいけどゴミNG!?処分回収してもらう3つの方法

2016-11-14_192425

さぁ次は家庭菜園やガーデニングで不要になったプランターや植木鉢の古土を処分・回収する方法について紹介します。

なぜ、土を捨てられないのかと疑問に思う人も多く、公園に捨ててください!や新聞紙に包んで少量ずつ燃えるゴミとして出すなど不法投棄をすすめるサイトもありますが、ここでは正当な古土の処分方法をお伝えするので安心してください。

自分が住んでいる自治体が土をゴミとして回収してくれるのであれば、分別すれば良いのですが最近は回収してくれないところが多いです。

ですので、わからない場合は一度お住いの区役所や市役所にお問合せ下さい。

残土回収専門業者に処分・回収してもらう

fotolia_113224246_subscription_monthly_m

公共機関では回収してくれないため、「土  処分」などと検索すると産業廃棄物処理業者さんの中で一般の家庭から出た庭土や花壇の古土を処分・回収してくれる業者さんがいます。

プランター1個分だと処理料金の方が高くついてしまうのである程度土の量がある人におすすです。

土を購入したホームセンターの回収箱へ処分する

2016-11-14_195201

ほとんどの方が園芸用の土を買うのはホームセンターだと思います。お近くのホームセンターのガーデニングコーナーに古土回収箱が設置されている場合は無料で回収してくれます。

軽石や根などを取り除き、土だけの状態にして買った袋と同じ袋、もしくは同等量の袋に入れて持ち込みます。

私が確認したホームセンターでは基本は購入した土と同等の土質を引き受けているそうで、おそらくこれは砂利とかバークとか関係ないものまで処分回収箱に入れる人がいるからではないでしょうか。

もし、量が多い場合は小分けにして数回に分けて持ち込むと良いでしょう。

ただし、ホームセンターで古土を処分する場合、原則そこのホームセンターで購入した土じゃないとダメなようです。

ホームセンターも残土専門業者さんに委託しているそうで誰でもOKにしてしまうと個人レベルではない量の土を捨てる人がいるからだそうです。

ですが、持って行った土がそこのホームセンターで買った土かどうかを判断するのは難しいためお客さんの良識に任せているそうです。

なので、土を買う場合は古土を処分してくれるホームセンターで購入し、尚且つ購入したときにレシートを大事に取っておきましょう。

そうすれば半年後、1~2年後に古土を捨てたいときそのレシートが証拠になるのでスムーズに処分することができます。

まとめ

2016-11-14_192351

いかがでしたでしょうか。

今回は家庭菜園プランターやガーデニング古土のリサイクルと処分方法について紹介してきました。

どうして土を販売しているのに処分する方法は限られているのか?ならば処分できる土があったら良いのにという人のために現在ではゴミとして処分できる土も存在します。

しかし、とりわけ野菜を栽培したい場合は牛糞堆肥なども他の土類を配合することも多いですし処分できる土は割り高です。

駐車場や公園、川、燃えるゴミなどに捨てようと思えば捨てられますが、家庭菜園やガーデニングを楽しまれる方にはぜひモラルは守っていただき、今回ご紹介したような正当な処分方法やリサイクル方法を実行して頂きたいと思います。

スポンサーリンク



トマト栽培特集!

2015-04-08_010308 ベランダ菜園のミニトマト栽培
で初心者によくある失敗とはなに?
2015-04-06_003804 簡単ベランダ菜園!ミニトマトの
育て方とプランター栽培のコツ
001 (2) 大玉トマトの育て方!
プランターで栽培できる方法
2015-05-24_033942 トマト・ミニトマト栽培で
実を大きく甘くするための肥料の種類
046 ミニトマトのわき芽はどこ?
トマト栽培に必要なわき芽かきとは
2015-04-06_003834 実がならないミニトマトを
たくさん実がなる大きな株にする育て方
2015-04-05_213719 プランター菜園で育てるミニトマト
にやってはいけない水のやり方
2015-05-22_200653 ミニトマト栽培で
バジルを寄せ植えする方法
トマトうどんこ病 ミニトマトの育て方で
注意しなければならない病気ってなに?
2015-04-04_014131 ミニトマト【アイコ】の
品種特性と上手に収穫する育て方
tomatoes-503447_640 家庭菜園のトマトに発生する
赤い虫の正体は?害虫駆除と対策方法
rp_tomatoes-89082_640-300x216.jpg トマトの実が割れる・腐る・落 ちる?
原因と栽培のポイントとは
2016-09-21_205344 トマトを栽培して色づかない
赤くならないならこれが原因!

夏まで収穫!イチゴの育て方特集!

プランターを使った美味しいいちごの誰でも出来る簡単な育て方 プランターを使った美味しい いちごの
誰でも出来る簡単な育て方
2015-04-30_001234 栽培しているいちごが甘くない
のはなぜ?甘くする秘密の方法 とは
strawberries-272812_640 イチゴ苗のプランターでの
正しい植え付けの向きと時期はいつ?
2015-03-28_015610 イチゴを長く収穫するニンニクの
コンパニオンプランツ活用方法
berry-197078_640 プランター菜園で栽培している
イチゴの実が大きくならない理由
2017-02-03_204107 イチゴの病気大全!
葉や実が白・黒・黄緑くなる原因とは?
2015-06-12_170446 【簡単!イチゴの子苗取り】
収穫後のランナーから新苗を作る方法
2015-03-31_021406 家庭菜園で栽培している
いちごの実がならない理由はなに?
strawberry-32017_640 イチゴが赤くならないのはな ぜ?
白や緑色の実の原因

かんたん夏野菜の育て方!

001 【小玉スイカの育て方】画像で わかる
プランターの空中栽培方法
2015-05-06_021507 簡単家庭菜園!初心者がプランターで
できる【きゅうりの育て方】
eggplant-297620_640 ナスの育て方!プランターで
初心者が栽培できるコツと方法
2016-09-15_081634 ラディッシュの育て方!
失敗しないプランター栽培方法
2015-05-04_002305 【簡単プランター栽培】マンシ ョンの
ベランダでのゴーヤの育て方
2015-04-02_012711 リーフレタスを初心者が室内で
かんたんに育てる3つの方法
2015-05-05_023759 【実がならないのはなぜ?】
簡単プランター栽培のゴーヤの育て方

家庭菜園 最新情報

IMG_0106 花が咲き終わった後から
堀り上げるまでのヒヤシンスの育て方
IMG_0091 ヒヤシンスの球根!掘り上げ
VS植えっぱなしの比較画像を公開
flowers-13503_640 ヒヤシンスの球根の保存方法と
二年目以降もきれいに咲かせる方法
2015-08-01_004226 簡単!初心者のためのゼロから
わかる【ウンベラータの育て方】
2015-07-27_013850 観葉植物【ポトス】を植え替える
ときに気をつけたいポイントとは?
2015-07-09_002506 夏の寄せ植えに使いたい!
ペチュニアと相性のいい草花ベスト3
簡単!【水挿しでできるポトスの増やし方】茎を切る場所はどこ? 簡単!【水挿しでできるポトスの増やし方】
茎を切る場所はどこ?
2015-07-05_022709 簡単!初心者がプランター栽培 できる
ペチュニアの基本的な育て方
2015-08-29_010418 初心者必見!サンセベリアの
植え替え時期と水やりのコツとは?
170 第18回国際バラとガーデニング
ショウハンギングバスケット壁
217 第18回国際バラとガーデニング
ショウハンギングバスケット吊
2015-05-19_182759 枝豆の茹で方!時間は4分!
人気1位の簡単な茹で方

ハーブ栽培大全集

2015-05-22_004915 【バジルの育て方がわかる!】
初心者の簡単ベランダプランター菜園
2015-04-08_193822 【モヒートに使うミントはこ れ!】
おすすめ種類と自家栽培の方法
2015-04-20_000014 【切り戻しと植え替え時期は
いつ?】ラベンダーの正しい育て方
2016-09-15_081634 ラディッシュの育て方!
失敗し ないプランター栽培方法
pesticides-148331_640 ベランダと室内で栽培している
ミントに発生した虫を駆除する方法
2015-05-03_024142 【パクチーの育て方】ベランダ プランター
菜園での簡単な栽培方法
2015-07-19_024016 初心者でも簡単にプランター
菜 園で収穫できる【しその育て方】

コメントを残す

このページの先頭へ